「歯車」

昨日、こよりに新曲「歯車」を渡した。

「12色の色鉛筆」を渡したばかりなのだが前作「シンドローム」が有難いことに好評で次のアルバムを求められている。

前作は再現性には欠ける〝 幻想〟なら次作は再現性を求めて〝 現(うつつ)〟。

それを象徴した「歯車」。

弾き語りとバンドのサウンドを考えて作った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です