「君の目に僕が映らなくちゃ」

目を見て話すってことが煩わしくなる?

一人で過ごす為のツールがこれだけ充実したらわざわざ人に合わなくても一人で過ごすのも楽しいだろう。

それが悪いなんて言わない。

ただ、目というカメラを備えた人間の機能には何よりも凄いコミュニケーション・ツールが生まれた時より付いていて、毎日バージョンアップしている。

それも一斉に配布されてバージョンアップするのではなく、自らバージョンアップさせるスグレモノだ!

「君の目に僕が映らなくちゃ」
聴いとくれ!

こより with 菜象「シンドローム – EP」
https://itunes.apple.com/jp/album/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A0-ep/1463030059

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です